認知症に最適なアロマオイル

精油による香りで心静かに過ごせるようになったり、気持ちが元気になるのがアロマですが、本能に対してダイレクトに訴えかける能力があるので若い方を中心に高い人気があります。
しかし、実は最も良い効果をもたらすのは認知症などの悩みを抱えている高齢者だと言われています。
しかも、単に気持ちの面で良好になるというわけではなく、信頼のおける研究機関において、しっかりと裏付けされた確かな情報です。
このようにアロマが認知症に対して良い働きをするのは、嗅覚が食欲と同じ大脳辺縁系につながっている事が関係しています。
あまり耳馴染みがない大脳辺縁系は人間の記憶を全て司っていると言われており、そういった部分に直接訴えかけることにより香りにより懐かしさを覚えたり記憶が思い返されるのです。
ところが、物忘れが多くなってくると患者は最初に嗅覚神経がダメージを受ける事が発覚し、その後次々と様々な事柄に関して正しい判断ができなくなっていきます。
そこで、脳に対して直接的に訴求力があるアロマを使うと、進行を大きく遅らせることができたり、回復できる場合もあります。
そのため、良好な使い方としては昼と夜に用いる匂いを変化させるという事です。
昼は集中する力を高められる働きを持つローズマリーが良いですし、時には変化を付けるためにレモン汁で代用しても問題ありません。
夜は安眠できるラベンダーの匂いやオレンジの汁を集めて使用しても認知症には良いでしょう。