アイフルの延滞は一日でも危険?延滞時の対処法と注意点

アイフルの延滞は1日でも危険なのでしょうか。もしアイフルで延滞を起こしてしまったとき、あるいは起こしそうなときにはどのように対処すればよいのでしょう。
まず、延滞というのは自分の信用を自ら傷つける行動だと理解して下さい。お金の貸し借りができるのはあなたに信用があるからです。その信用を自ら傷つけるのですから、今後アイフルはもちろんのこと、他の消費者金融や銀行からも融資を受けられなくなる、受けにくくなる恐れがあります。例えば、ほんの数万円程度のお金を借りてその延滞を起こしただけで、後日マイホームを持ちたくて住宅ローンを組もうとしたときに却下されるという、人生を狂わせることにもなりかねないのです。
確かに、1日だけの延滞でそんなことになるかというと、そんなことはないかもしれません。しかし信用問題というのは難しいものです。たった1日の遅れであっても、それを何回、何十回と繰り返しているような人がいたとして、その人は十分に信用されるでしょうかということです。
ですから、アイフルだけに限らず、延滞はただの1日であっても甘く見るべきではありません。実際に遅延を起こしてしまったときには、一刻も早くアイフルに連絡するようにしましょう。無視を決め込むのはもちろんのこと、アイフルから連絡があるまで放置するというのも良くありません。自分から遅延を正直に申告してくるような人と、こちらから指摘して始めて気付く人とでどちらが信用されるかは明らかです。